エレキベース

エレキでコンサート。


エレキベース


コンサートでノリノリでベースを壊したときのため、換えは必須。

AriaproII アリアプロ IGB-LUX sun-go Special Package SHOW-YA 五十嵐sun-go美貴 モデル 直筆サイン入りは、 現在は176,000円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、Aria Pro 2 アリアプロ2 RB700 / リッケンバッカー4001タイプ 現状品は、 今は38,800円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、C021A017 Aria Pro Ⅱ アリアプロ2 エレキベース LOUDNESS ラウドネス 山下昌良 風は、 現時点では16,280円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

aria pro Ⅱ ARIA custom shop ap sb アリアは、 現在は120,000円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、ARIA custom ベース AP SBは、 今は80,000円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、AriaProII RSB-42AR SBL アクティブベース アッシュボディ 美品は、 現時点では15,000円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

引取限定/和歌山県岩出市 Aria Pro II アリア プロ2 エレキベース 4010711 4弦 レッドは、 現在は23,980円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、ARIA PRO II アリアプロ BSR DELUXE 改 エレキベース[b313]は、 今は17,380円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、1本限り特価 Aria Pro II アリアプロ IGB-LUX RDGL Blue/Gold Stained ベースは、 現時点では55,000円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

アリア スルーネック 名機 どうぞ! SBシリーズ 2H 極上美品 どうぞ! アクティブ 激レア どうぞ! 2ハム仕様 エレキベース VINTAGE ヴィンテージ BASS ヴィンテージは、 現在は68,800円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、売り切り ・Aria ProⅡ・II・ASB-60・アリアプロ 2・エレキベース・スルーネック・ギターケース K-GARAGE弦おまけは、 今は15,000円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、Aria Pro II アリアプロ IGB-STD エレキベース -GrunSound-b272-は、 現時点では10,780円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

どうぞ! Aria ProⅡ RSB Medium-Ⅱ ミディアムスケール ブラック&クローム カスタマイズ 配線・シールド 他 整備品 アリアは、 現在は30,000円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、Aria Pro II TAB-60 Sunburst セミホロウ ベース アリアプロ 90年代は、 今は39,800円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、C023A042c Aria Pro Ⅱ アリアプロ2 LOUDNESS ラウドネス 山下昌良 タイプ エレキベースは、 現時点では14,080円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

Aria Pro2 IGB-NEO 紫 /EMG-HZ 美品は、 現在は27,000円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、Aria Pro Ⅱ RSBシリーズ ベース 日本製は、 今は8,500円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。 さらに、スルーネック どうぞ!レア どうぞ!Aria Pro Ⅱ TSB-550 No.090620 JAPAN VINTAGE Mintは、 現時点では66,000円で取得可能です。 詳しい情報はこちらに掲載しました。

#272 Aria RSB-42 AR SPK 本体のみは、 現在は19,250円です。 詳細はこちらに掲載しております。 また、美品 Aria pro II RSB-42 SGR アリアプロ2 アッシュボディ アクティブベースは、 今は24,860円で手に入れられます。 詳しくはこちらをご覧ください。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

[それぞれのアイテムを簡易画像つきで表示する]


1 2 3 4 5 6

新しい楽器を購入するのもひとつですが、旧いものなりの価値もあります。
新製品になると仕様変更がなされ音色が変わることがよくあります。
メーカーとしては改善をしているのですがあなたが求めている音から離れていくこともあります。

また、楽器は特別仕様のものやいろいろな改造品があります。
こういった滅多に出回らない機器を自分で試し音色を確かめるのも楽しいですね。

楽器をお探しの方、よろしければどうぞお使いください。